バーチャル斎場見学 便利なQ&A あおやぎ友の会 葬儀費用の目安 供花 ブログ テレビCM  あおやぎTV あおやぎ PRスタッフ 募集中

葬儀後の知識

忌明け法要(四十九日または三十五日)は、葬儀後に行う最初の大きな法要です。
さまざまな準備が必要ですので、確認しておきましょう。


忌明け法要・初盆

初七日

ご出棺火葬場にてご拾骨式場(お寺など)にて初七日法要精進落とし

最近は葬儀・告別式に繰り上げてご法要される事が多くなりました。

※お亡くなりになられた日を一日目と数えて七日目が「初七日」となります。

※本来なら、七日ごとの法要を行い、四十九日法要を迎えますが、
近年になり初七日法要の次は四十九日法要とし、ご納骨されることが増えています。

四十九日法要の準備項目について

【四十九日法要の流れ】 法要 納骨 会食

四十九日のご法要は、ご葬儀を終え、落ち着きましたら早めにご準備しておいた方がよろしいでしょう。
日程をお寺様とお打合せし、お集まり頂く方には事前にご連絡をして出席者の人数を把握しておきます。
(お料理、返礼品の数量の関係のため)

百か日法要

最近では亡くなられてから百日目にご法要される事が減ってきました。

基本的には、初七日法要、四十九日法要、後は、 百か日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌とご法要されますが、一般的にはご家族様にて決めていただき、十三回忌~三十三回忌・五十回忌にて弔い上して先祖代々の霊として祀ります。

このページのトップへ

葬儀後のマナーと香典返し

葬儀が一段落したら、事後処理を兼ねて目上の方や葬儀でお世話になった方、僧呂などへのお礼の挨拶に出かけます。
香典のお返しは、忌明け(満中陰)の挨拶を添えて行うのが一般的です。

このページのトップへ

諸手続き

保険・年金等は、加入者が死亡した場合、それぞれの制度に基づき所定の金額が支払われることになっています。
それぞれの内容を調べ、早めに請求手続きを行いましょう。


戻る このページのトップへ